光脱毛でハイジニーナがスッキリ綺麗になります

ハイジニーナ脱毛は、近年女性に人気のVライン・Iライン・Oラインの部位です。オシャレだけでなく、衛生面でも効果があります。エステ系脱毛で行われる光脱毛は、痛みが少なく肌に優しいため多くの女性から支持されています。

脱毛は痛みが気になる人が多いですが、光脱毛は周波を調整し、ほぼ無痛の脱毛を行うことができます。ハイジニーナの部位は、デリケートゾーンであり毛が濃いため痛みを感じやすい部位ですが、痛みが少ないため安心して施術を受けることができます。

Vラインに関しては、毛を残す部分も考慮しながら脱毛します。毛量を減らしたり、好みのラインに形作るためカウンセリングでしっかり打ち合わせをします。IラインとOラインに関しては、自己処理できない部位なので脱毛するとさらに快適さを実感します。毛がなくなる事でオシャレを楽しむ事ができるだけでなく、生理時のムレや痒み、特有の匂いを防ぐ事ができ衛生面でも効果的になります。

効果や確実性ではクリニックの方が良いですが、「回数がかかってもエステの光脱毛ぐらいの痛みしか無理!」という方にも光脱毛はおすすめです。

日本で一番メジャーなサロンとクリニックである、「ミュゼと湘南美容外科」を比べてみると、その違いがわかりやすいと思います。

脱毛すると濃くなる、というのは本当か

最近、足のすね毛が気になり始めました。きっかけは、友人と温泉に行ったときに「お前って、すね毛濃いんだなー」と言われたからです。私は男性だから、あまり気にすることでもないかなと思っていたので、そう言われたときはびっくりしました。これからはムダ毛のことも気をつけようと感じました。 というわけで、ムダ毛を除去しようと考えました。

しかし、近頃このような話を耳にします。脱毛すると毛が濃くなる、といったような話です。心配になってきたので、少し調べてみようと思いました。 調べてみた結果、この三つの説があるようです。

一つ目の説は、毛は先端に近づくにつれて細くなっていて、脱毛した後は太い部分が残るので、濃くなったように見えてしまう。 二つ目の説は、医学的に何の根拠もないのだから、濃くなるということはデマではないか。 三つ目の説は、レーザーなどでムダ毛の除去をした場合、弱いレーザーを照射し続けたことにより、毛根にエネルギーを与えてしまい、濃くなってしまう。

このような三つの説がありますが、あくまで説なので本当かどうかは分かりません。ですが、これをみていただいた方に参考になってもらえれば幸いです。

エステで脱毛した効果はどうなのか

一般にエステは機械の出力が弱いです。医療脱毛は医師がやるので、確実に効果が出るようかつ何か肌トラブルがあっても対処できるので出力は強めです。エステサロンでは弱くしかしてはいけないようで、医療脱毛を同じ強さでやることは違法になります。

なので、人によっては結果があらわれないこともあります。毛の薄い人は特にそうです。光は毛の黒さに反応して、毛根にアプローチするので色素がないほど反応しないので効果があらわれにくいというものです。薄い毛にも結果を出すには、出力を強くしないとならないです。そうなるとエステサロンでは対応できません。まれにかなり強い強さで当ててるサロンもありますが、皮膚トラブルになって訴えられたところもあるようです。

毛の濃い場所はそんなに強くしないでも結果が出るので、エステでも結果は出ます。毛の濃い箇所、脇や陰部などや他にも産毛ではない箇所が結果が出ます。人によっては手足が濃ければやってよかった結果になります。確実に産毛もしっかり結果を出したいなら医師がいるクリニックがいいです。

エステサロンでの脱毛を複数の店舗で掛け持ちすることはできるのかどうかについて

エステサロンなどで脱毛をするとき複数のサロンを掛け持ちすることができるかどうかについては、基本的にはやっても問題ないことになっています。価格的にもお得に利用できるので、おすすめの方法といえます。ただし、いくつかの決まりごとがあり、それを守ることが前提とされます。

まず、同じ部位の脱毛については掛け持ちは禁止ということになっています。理由は、肌に悪影響がでやすいためです。毛を光などで照らして熱で剃ってもらうことによって、皮膚は軽度の火傷状態になっています。それなのに同じ時期で同じ部位を剃った場合確実に肌にダメージがいき、ひどい場合痕が残ることもありますので、同じ部位の施術については特に同時期については絶対に行ってはならないこととされています。

こうしたエステサロンでは施術後冷却するなどの処置を行っていますが、それでも保証はできませんことを留意します。また、同じ部位に限らずが隣の部位やデリケートゾーンの施術であっても同様に禁止となります。